花見物語

TOP > 横山大観『夜桜 (左隻)』コロタイプ【A924】・【絵画・美術品】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定600部 額付き 月夜 桜満開 花見 ■現品限り

横山大観『夜桜 (左隻)』コロタイプ【A924】・【絵画・美術品】・【版画・絵画・美術品】・風景画 良好 限定600部 額付き 月夜 桜満開 花見 ■現品限り

商品の詳細 作家名 横山大観 作品名 夜桜 (左隻) 技法 コロタイプ 額寸 ヨコ118×タテ63 (cm) 絵寸 ヨコ98×タテ44 (cm) エディション 208/600 良好 限定600部 額付き 額立てプレゼント ■作者版上サイン入り■横山大観の一大傑作、夜桜」原画所蔵 大倉集古館■限定600部■版数:32版32度刷り ■原画制作年:1929年(昭和4年)■コロタイプコロタイプは、美しいガラスの板を原板に使用することから、日本では玻璃版などとも呼ばれていました。製版、印刷とともに大変手間ひまのかかる技術ですが、素晴らしい表現が可能です。連続階調によるなめらかで深みのある質感、また和紙や特殊なコロタイプインキによる強い耐久性等、表現力と科学性を共に持っており、他の印刷技術の追随を許さぬ独自のものです。■横山大観(よこやまたいかん)(1868〜1958)常陸国水戸(現在の茨城県水戸市下市)出身。近代日本画壇の巨匠であり、今日{朦朧体(もうろうたい)}と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。本名、横山秀麿(よこやま ひでまろ)。一緒に旅行し、酒を酌み交わし、語らう仲間だったという4人の個性豊かな画家「良き友」たち、革新的な描法や構図を示した紫紅、線の片側をぼかして物のボリューム感を出す「片ぼかし」の技法をもたらした未醒(放菴)、陽気な気分や飄逸(ひょういつ)さをたたえて特有の自然観を表す芋銭、南画的傾向と装飾性を融合させた溪仙らとの交流が、筆法や色彩の工夫、構図の妙、主題の選択やその新たな解釈など、画題、構成、技法とさまざまな挑戦をしながら、モダンで伸びやかな作品を生み出しました。 他の◆横山大観◆作品を検索横山大観『夜桜 (左隻)』コロタイプ・【絵画・美術品】・【版画・絵画・美術品】・風景画

楽天で購入442,800円(税込み)